引っ越しバイトってどうなの?おすすめの引っ越し会社2選!

引っ越しバイトってどうなの?おすすめの引っ越し会社2選!

こんにちは、マサヒです。これを読んでくださる皆さんの中には、


「引っ越しバイトってきついって聞くけど、実際どうなの??」


「引っ越しバイトをやってみようか検討しているけど、おススメの会社はどこなのかな?」



このように思っている方は多いと思います。特に大学生の方など、時間があるときに引っ越しのバイトで効率的に稼ぎたい!けど、引っ越しバイトってきついって聞くし、実際やるのはまだ少し不安だ・・・と感じる方も居ますよね。


本日は、大学時代に引っ越しバイトを行った経験談を含め、引っ越しバイトの現状と、おススメの引っ越しバイトの会社を2つ紹介していきます。


これを読むことで、引っ越しバイトの実情、実際にきついのか?おススメな人はどんな人なのか?おすすめの引っ越しバイトの会社がどこなのかが分かります。


それでは早速お話していきます。

引っ越しバイトの仕事内容と1日の流れ

初めに、引っ越しバイトの仕事内容と1日の流れをお話していきます。


引っ越しバイトは、お客様の家から荷物を運んだり、逆にお客様の家に荷物を運ぶのがメインの仕事となります。女性の方であれば、荷物を運ぶより、荷物の梱包作業を任される場合があります。


一日の流れは会社によっては、異なる場合があると思いますが、以下の通りになります。

  1. 出勤、着替え
  2. その日に必要な備品を用意する(養生シートなど)
  3. トラックに乗り、引っ越し先まで移動
  4. まずは壁を傷つけないように養生テープを貼っていく
  5. ひたすら荷物を運ぶ、荷物の量が多い場合は休憩もはさむ
  6. 作業が終了したら、後片付けを行い、トラックに乗り込む
  7. 次の場所に移動、もしくは他の場所へ手伝いに行く
  8. 会社に戻り、片づけを行う
  9. 退勤

引っ越しバイトのメリット

次に、引っ越しバイトのメリットについてお話していきます。メリットは大きく5つあります。

  • 時給が高い
  • 移動時間が時給に含まれる
  • 筋肉がつく
  • 重たい荷物を運べるようになる
  • 時間が過ぎるのが早く感じる

時給が高い

まず1つ目の引っ越しバイトのメリットは、時給が高いことです。引っ越しのバイトは他のバイトに比べても、時給は高いです。田舎でも基本的には時給1000円以上します。


また朝から1日中働くため、日給も1万円近くは稼ぐことができます。私も大学生の春休みに引っ越しのバイトを行ったのですが、月に15日働いて、13万円くらい稼いだので、引っ越しのバイトは短期で集中的に稼ぎたい人にとってもおススメのバイトです。


また空いた日や、土日だけしかバイトできないという方でも、月に10日働くだけでも、1か月10万円近くは稼げるので、普段授業が忙しくて平日はあまりバイトしたくない人にも働きやすいバイトとなっています。

移動時間が時給に含まれる

2つ目の引っ越しバイトのメリットは、移動時間が時給に含まれることです。引っ越しは、引っ越しのトラックに乗って、引っ越しを行う人の家まで移動してからがスタートです。


引っ越しを行う家までの移動が、高速に乗って一時間ほどかかる場所に行くこともあるので、そのような場合は往復二時間、車にただ乗っておくだけで時給が発生しています。


勿論、近場の場合も多いですが、バイトの人は運転しないので、車に乗っている間は、携帯弄ったり、煙草を吸ったりと、休憩時間のようなものなので、他のバイトに比べても、休憩時間は多くあります。

筋肉がつく

3つ目の引っ越しバイトのメリットは、筋肉がつくことです。短期ではそこまで付かないと思いますが、長期的にやっていくと腕の筋肉が次第についてきます。


男性の方で、筋トレ目的で引っ越しのバイトを選ぶ人もいるように、重たい荷物を運ぶので、腕の筋肉は間違いなくつきます。また社員の方も当たり前ですが、腕ががっちりしている人が多いです。


腕を太くしたい人は、是非引っ越しのバイトを検討してみてはいかがでしょうか。

重たい荷物を運べるようになる

4つ目の引っ越しバイトのメリットは、重たい荷物を運べるようになることです。引っ越しで運ぶ荷物は様々ですが、時には洗濯機や冷蔵庫、タンスなど重たい荷物を運ばなくてはなりません。


社員の方は、一人暮らし用の家電くらいだと、平気で一人で運んでいきます。そのような方たちを良く見ていると、持ち方にもコツがあることが分かるため、それを実践してみることで、自分も重たい荷物を運べるようになってきます。


私も社員の方に、「これ一人で持てるでしょ?(笑)」と軽く煽られて、めちゃくちゃ重いタンスを一人で運んだことがありますが、重たい荷物の持ち方を理解していたから、運ぶことが出来ました。


このように、日常生活で役に立つ機会は少ないですが、引っ越しのバイトを経験したおかげで、重たい荷物を運べるようにはなったと思いますね。

時間が過ぎるのが早く感じる

5つ目の引っ越しバイトのメリットは、時間が過ぎるのが早く感じることです。引っ越しのバイトをやってて思ったことは、あっという間に1日が終わります。


引っ越しのバイトは、飲食店などでたまにある、お客さんが全然来なくて暇・・・のような何もしていない時間がなく、基本的に黙々と荷物を運び、それ以外は移動時間ですので、個人的にはめっちゃ時間が過ぎるのが早く感じました。


これはけっこうきつくても続けることが出来るメリットだと思います。あっという間に時間が過ぎるため、ただ稼ぐためにやるバイトとしては、おススメだと思います。

引っ越しバイトのデメリット

次に、引っ越しのバイトのデメリットをお話していきます。デメリットは大きく4つあります。

  • 肉体労働である
  • 引っ越し先によって物凄いハズレの場合がある
  • 拘束時間が長い
  • 朝が早い

肉体労働である

まず1つ目の引っ越しバイトのデメリットは、肉体労働であることです。想像してもらっても分かると思いますが、引っ越しのバイトはひたすら荷物を運ぶお仕事ですので、初めてやった時は腕が筋肉痛になると思います。


作業中は常に動いているので、1日終わると、クタクタになります。また、正しい荷物の持ち方をしないと、腰を痛めてしまう恐れがありますので、始めたときに持ち方を教えてもらってくださいね。

引っ越し先によって物凄いハズレの場合がある

2つ目の引っ越しバイトのデメリットは、引っ越し先によっては物凄いハズレの場合があることです。これはどういうことかと言いますと、引っ越し先の場所や荷物の量によって、大変さが物凄く変わってきます。


例えば、引っ越し先の家が、トラックを目の前まで停めることができず、さらにアパートの三階、かつ階段から一番離れた角部屋、かつ重い荷物が多い家の場合、重い荷物を何往復も運ばなくてはなりません。


トラックからそのアパートまで荷物を持っていくのにも距離があり、さらにエレベータがないので、アパートからも階段を上って運ばないといけないような、ハズレの場所がたまにあるんですよね。


私も引っ越しバイトをしていて、このような経験が何度かありますが、めちゃくちゃしんどいです。


もちろんその逆で、移動距離が多く、かつ運ぶ量もそこまで多くなく、一つ一つの荷物が軽いといった、当たりの場合もあります。個人的には、エレベータがあれば、荷物が多くても、台車で運べるため、きつさはそこまでないですが、エレベータがないアパートの家の引っ越しは本当しんどかったです(笑)


その日の仕事がきついかは、正直運によります。社員であれば、事前に分かると思いますが、バイトだと、行ってみないと分からないので、今日は楽だといいなと祈ってましたね(笑)

拘束時間が長い

3つ目の引っ越しバイトのデメリットは、拘束時間が長いことです。基本引っ越しのバイトは、朝から夕方から夜にかけて丸1日行うので、その日は引っ越しのバイトだけで時間がつぶれます。


居酒屋などの飲食店だと、基本的に夜のみですので、朝から昼にかけて色々なことが出来ますが、引っ越しのバイトをする際は、その日1日は他の予定は基本的に立てることができないと思います。


ほぼ毎日、日中帯にやらないといけない予定がある場合ですと、なかなか引っ越しのバイトは出来ないと思いますので、そこがデメリットと言えるでしょう。

朝が早い

4つ目の引っ越しバイトのデメリットは、朝が早いことです。引っ越しバイトの集合時間は朝7時とか、7時半ごろですので、朝が苦手な方はきついかもしれないです。


引っ越しバイトの前日に、夜遅くまで起きてしまうと、しんどいので自然と早寝早起きの習慣がつきます。生活習慣が乱れている人は治っていくと思いますので、そういった面で見ると良い部分でもあります。

おすすめの引っ越しバイトの会社①
ヤマトホームコンビニエンス

https://www.008008.jp/

実際に、引っ越しバイトをやろうか考えている人は、どこの会社で働くのが良いのか?迷っている人は多いと思います。そこで、今回は自分の経験談も含め、おススメの引っ越しバイトの会社を2つ紹介していきます。


まず1つ目のおススメの引っ越しバイトの会社は、ヤマトホームコンビニエンスです。こちらはクロネコヤマトでもお馴染みの会社ですね。私もここで働いていましたが、時給もそこそこ高く、大体の人は人当たりが良く、怒られることもほとんどなかったですね。


バイトをやっていた時に、1回だけ遅刻をしてしまったことがありますが、その時も、事務員の方に車で引っ越し先まで連れて行ってくださり、社員の方にも「昨日飲みすぎたん?(笑)」みたいな感じで、怒られることはなかったです。ミスを繰り返すことはダメですが、一度のミスであれば、こっぴどく怒られることはなかったですね。


また残業した場合も、残業代がきちんと支払われていましたので、特に会社に対して不満を持つことはなく、バランスは良いと思います。

おすすめの引っ越しバイトの会社②日本通運

https://www.nittsu.co.jp/

2つ目のおススメの引っ越しバイトの会社は、日本通運です。こちらも大手の引っ越し会社で、評判を見る限り悪い部分はあまり見られませんでした。


引っ越し料金が他に比べて少し高いため、日本通運を利用するお客様の層が高く、エレベータがないアパートのようなハズレの場所が少ないです。


また、仕事内容も、バイト生がやることと、社員がやることで明確に分けられており、社員よりも運ぶ荷物の難易度が低くなり、負担が軽いため、バイト生にとっては働きやすい環境と言えるでしょう。


もし、ここまで読んでみて、引っ越しバイトやってみようかなって思った方は、以下のサイトから、バイトの応募が出来ますよ!今ならバイトが決まるだけで、最大1万円貰えるみたいです!



引っ越しバイトの会社を選ぶ際の注意点

次に、引っ越しバイトの会社を選ぶ際の注意点についてお話していきます。以下の2点について注意していただきたいです。

  • 大手の会社を選ぶこと
  • 募集要項、条件をきちんと見ること

大手の会社を選ぶこと

まず1つ目の引っ越しバイトの会社を選ぶ注意点としては、大手の会社を選ぶことです。居酒屋バイトの場合は、大手よりも個人店の方が働きやすい場合もありますが、引っ越しバイトに関しては大手が良いです。


何故かと言いますと、大手の分社員の数も多いため、バイト生一人当たりにかかる負担が軽くなるからです。荷物を運ぶ仕事なので、もちろん人が多ければ多いほど負担が軽くなります。


中小企業だと、人が少ないため、荷物が多い場合でも少人数で行わないといけない場合もあります。


また、もう1つの大手の会社が良い理由として、制度が整っていることです。普通と言えば普通ですが、残業代も当たり前に支払われますし、制服などもきちんと準備されますので、無駄な出費はないです。


もちろん全ての中小企業が悪いわけではありませんし、大手並みの待遇をしてくれる会社もあると思いますが、確率を考えると、大手の方が安心して働くことが出来ます。

募集要項、条件をきちんと見ること

2つ目の引っ越しバイトの会社を選ぶ注意点は、募集要項、条件をきちんと見ることです。時給だったり、休みの日、休憩時間など、会社によっては違うと思いますので、自分が良いと思う条件かどうかをきちんと見て、応募してみてください。


また疑問点などがある場合は、面接のときにきちんと解消して、納得いく形でバイトに臨んでいきましょうね。

引っ越しバイトで壊してしまった物は弁償するの?

次に、引っ越しバイトで壊してしまったものは弁償するのか?についてお話していきます。引っ越しバイトをやってみようと思っている方はこの疑問がわく方もいらっしゃると思います。


結論、バイト生が負担することはなく、会社が支払います。お客様の物を壊してしまうことは、勿論弁償はします。ただし、それは会社から支払われるため、バイト生は負担しなくて良いです。


ただ、評判を見てみると、チームでの罰金制度があり、チームの誰かが物を壊すと、チーム全員の社員で負担する会社もあるみたいです。今回おススメの会社で述べた、ヤマトホームコンビニエンス日本通運は会社が負担するので、社員個人の負担もありません。


私も引っ越しバイトを行って、1度だけ、物を落としてしまい、壊してしまったことがあります。その時は、社員の方がお客様に謝ってくださり、社員の方からは「注意してね」とは言われましたが、そこまで酷く怒られはしなかったです。

引っ越しバイトがおススメな人

次に、引っ越しバイトがおススメな人についてお話していきます。引っ越しバイトがおススメな人は以下のような人たちです。

  • 時給が高いアルバイトがしたい人
  • 少ない日数で稼ぎたい人
  • 肉体労働が苦ではない人
  • 筋肉をつけたい人
  • 同時に複数のタスクを行うことが苦手な人
  • 精神力を鍛えたい人


特に、少ない日数で稼ぎたい人にとっては、おススメです。例えばほぼ毎日何か予定があるけど、たまに空いた日があるからそこで、アルバイトをしたいというような方は、引っ越しのバイトはその日1日はつぶれますが、働く日数自体は少なくても稼げますので、合っていると言えるでしょう。


また個人的におススメだと思う人は、同時に複数のタスクを行うことが苦手な人です。引っ越しのバイトの場合は、基本的に物を運んでいくことに集中すればよいので、同時にいくつものことを行う必要がなく、並行でタスクを行うことが苦手な人にもできるアルバイトとなっています。

引っ越しバイトの体験談

最後に私の引っ越しバイトの体験談をお話していきます。興味がある方は読んでいってくださいね。


私が引っ越しのバイトを行ったのは、大学生の春休みの時期だけです。時期が繁忙期だったので、大体朝の7:30~18:00くらいまではかかっていました。遅い時は19:30になることもありました。


もちろんハードですので、体力的にはきついのはきついですが、私個人的には、引っ越しバイトをやって良かったですね。やっぱり、時給が高いため、稼げるってところと、周りの社員の人たちがけっこういい人たちが多くて、働きやすかったです。


あと、体験して思ったことは、社員の方の喫煙率はめちゃくちゃ高いです。多分肉体労働系はどこもそうだと思いますが、もし煙草が苦手な方は、少しきついかもしれないです。


よく引っ越しバイトはきついから辞めといた方がいいと、書かれている記事も多いと思いますが、それは引っ越し会社によると思います。働いている社員の人たちが理不尽な人たちや、常にキレているような人たちですと、それは働きたくなりませんよね。


引っ越しのバイトを考えている人たちは、今回の記事で述べたヤマトホームコンビニエンス日本通運だと、仕事内容や、環境面で他の会社よりもバイト生にとって働きやすい環境と言えますので、是非検討してみてはいかがでしょうか。

少ない日数で稼ぐなら引っ越しバイトはおすすめ

以上でまとめとなります。本日は、引っ越しバイトって実際どうなのか?おススメの会社はどこなのか?についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。


少ない日数で稼ぎたい人にとっては、引っ越しバイトはおススメですので、是非引っ越し会社をきちんと選んで、検討してみてくださいね。本日の記事をまとめますと、以下の通りになります。

  • 引っ越しバイトのメリットは、時給が高いこと、移動時間に時給が含まれること、筋肉がつくこと、重たい荷物を運べるようになること、時間が過ぎるのが早く感じること

  • 引っ越しバイトのデメリットは、肉体労働であること、引っ越し先によって物凄いハズレの場合があること、拘束時間が長いこと、朝が早いこと

  • おススメの引っ越しバイトの会社は、ヤマトホームコンビニエンスと日本通運

  • 引っ越しバイトの会社を選ぶ際の注意点は、大手の会社を選ぶこと、募集要項、条件をきちんと見ること

  • 引っ越しバイトで物を壊したときは、バイト生が負担することはなく、会社が支払ってくれる

  • 引っ越しバイトがおススメな人は、少ない日数で稼ぎたい人、同時に複数のタスクを行うことが苦手な人



もし引っ越しバイトをやっていようかなと検討している方は、以下のサイトから探すことが出来ますよ!今ならアルバイトが決まるだけで1万円が貰えます!



是非、引っ越しのバイトで、少ない日数で沢山稼いで、良いものを買ったり、楽しい時間を過ごしてくださいね。それでは、長い文章を最後まで読んでくださりありがとうございました。