【必見】就活を成功させるための就職留年のやり方を解説!

【必見】就活を成功させるための就職留年のやり方を解説!

こんにちは、マサヒです。


これを読んでくださる皆さんの中には、


「就職留年をすることにしたけど、絶対に就活を上手く成功させたい。就職留年を成功させるやり方を知りたい」


「就職留年のやり方が分からないな・・・どうすれば就職留年できるのかな?」


このように思っている方は多いと思います。本日は、就職留年を成功させるためのやり方について、お話していこうと思います。


これを読むことで、就職留年のやり方と、就職留年を成功させるためには何をやれば良いのかが分かります。


それでは早速お話していきたいと思います。

就職留年と既卒の違いについて

初めに、就職留年と、既卒との違いをお話します。以下の通りになります。

 

就職留年:就職活動をやり直すため、わざと留年をすること

既卒:就職先が決まっていないが、そのまま大学を卒業すること

就職留年か既卒か迷った時の決め方について

次に、就職留年か、既卒か迷った時の決め方についてお話します。


就職活動は、人生においても大きな分岐点になるので、迷う方は多いと思います。就職留年、既卒、それぞれどちらもメリット、デメリットがあるので自分で比較して、決めてみてくださいね。


まずは、就職留年のメリット、デメリットについてお話していきます。簡単にまとめると以下のことが言えます。

就職留年のメリット①新卒扱いになること
就職留年のメリット②就活に時間をかけることができること

就職留年のデメリット①お金がかかること
就職留年のデメリット②他の人より一年社会人経験が遅くなること


次に、既卒のメリット、デメリットについてお話していきます。簡単にまとめると以下のことが言えます。

既卒のメリット①お金がかからないこと
既卒のメリット②すぐに働き始めることができること

既卒のデメリット①選べる企業が少なくなること
既卒のデメリット②就活に不利になること



もっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説していますので、是非こちらも読んでみてください。

就職留年を成功させるやり方について

次に就職留年を成功させるやり方についてお話していきます。就職留年をすることになるということは、1回目の就活で失敗してしまったのだと思います。


失敗をそのままにするのではなく、きちんと失敗した原因を分析し、対策を取り、就職留年を成功させましょうね。以下に失敗した原因と、対策についてそれぞれのパターンごとにお話していきます。

  1. 就活のスタートが遅かった場合
  2. 調べた企業数が少なかった場合
  3. 書類審査が通らなかった場合
  4. 面接が上手くいかなかった場合

失敗の原因と対策①就活のスタートが遅かった場合

まず1つ目の失敗パターン、就活のスタートが遅かった場合についてです。部活やアルバイト、研究室など様々な理由で、就活のスタートが遅くなった人はいると思います。


就活のスタートが早ければ早い方が良いというわけではありませんが、準備に時間をかける必要はあります。


また早くから準備することによって、インターンシップなども参加でき、様々な企業との接点を増やすしておくことで、内定を貰える確率も上がります。


ですので、就活のスタートが遅かったことが原因な人は、次の年になるまで待つのではなく、すぐにでも準備に取り掛かってみてくださいね。

失敗の原因と対策②調べた企業数が少なかった場合

2つ目の失敗のパターン、調べた企業数が少なかった場合についてです。少ない企業に絞ってしまい、あまり色々な企業を見ることが出来なかった人もいると思います。


数打てば当たる戦法とも言いますが、エントリーシートを送った数や、面接まで行った数が多ければ多いほど勿論内定を貰えるチャンスは増えます。


もし、一個も内定を貰うことが出来なかった人は、より多くの企業にエントリーしてみてはいかがでしょうか。一つでも内定を貰うことで自信にもなりますよ。


また自分で企業を探すのが少し手間だと感じるのであれば、企業からオファーが来るオファー型就活サイトを利用してみるのもおススメですよ!


オファー型就活サイトの代表的な「OfferBox」は就活生の3人に1人が利用しています。是非気になった方は、まずはどんな就活サイトなのか見てみてはいかがでしょうか?




以下の記事では、「OfferBox」について詳しく解説していますので、気になった方は是非こちらの記事も読んでみてくださいね。

失敗の原因と対策③書類審査が通らなかった場合

3つ目の失敗のパターン、書類審査が通らなかった場合についてです。大企業になればなるほど、書類審査に通る可能性は低くなりますので、書類審査が通らず、面接まで行けなかった人もいると思います。


この場合の対策方法としては以下の2つを試していただきたいです。

  1. エントリーシートを見直すこと
  2. 大企業のみをエントリーしないこと

エントリーシートを見直すこと

まずはエントリーシートを見直してみてください。そのためには、自己分析からもう一度行ってみてください。


まずは自己分析をして、自分が何を実現したいのか、何をやりたいのか、自分がどういう人間かを明確にします。


次に、自分が実現したいことを深堀りし、これまでの経験と、現在の自分がなぜこれを実現したいのか、理由を述べます。


最後にエントリーする企業の理念、ビジョンと自分の実現したいことが一致すること、その企業でどのようにして、自分の強みを活かせるか、その企業でなければ出来ないことを志望動機として示します。


このように、過去の自分から未来の自分へと繋がっていくストーリーをエントリーシートに書くことで、読みやすくなり、良いエントリーシートが書けます。


もし、自分がどんな人間か分からない人や、エントリーシートを書くことに、詰まっている方は、就活サービスの「キミスカ」を利用してみてはいかがでしょうか?


「キミスカ」は、自己分析に役立つ適性検査も無料で受けれますし、何より、無料でコンサルタントに就活の相談ができますので、就活に困っている人にとってはおススメのサービスとなっています。


以下のリンクから無料で1分ほどで登録できますので、是非気になった方は登録してみてはいかがでしょうか?




以下の記事で、キミスカについて詳しく解説していますので、気になった方は是非こちらの記事も読んでみてくださいね。

大企業のみをエントリーしないこと

もう1つ試してほしいことは、大企業のみをエントリーしないことです。やはり大企業になればなるほど、倍率も高くなり、落ちる可能性も高くなります。


また、企業によれば、コネや、学歴で判断される場合もあるため、学歴に自信がない人は大企業に絞って就活を行うのは危険です。


中小企業でも、大企業に負けないくらいの福利厚生や働きやすい会社は世の中にも沢山あるので、大企業に絞らず、色々な企業を見て、エントリーしてみてくださいね。

失敗の原因と対策④面接が上手くいかなかった場合

最後4つ目の失敗パターン、面接が上手くいかなかった場合です。面接は正直経験も多く左右されますので、慣れも大事です。


面接が上手くいかなかった人は、以下の2つを試してみてくださいね。

  1. 失敗した面接の原因と対策を考えること
  2. エントリーシートを読み込むこと

失敗した面接の原因と対策を考えること

まずは、失敗した面接の原因と対策を考えてみてください。失敗した理由もいくつかあるはずです。


例えば、緊張して話したいことが飛んでしまった人は、何度も練習したり、本命の企業の面接の前に、何度か面接をこなすことです。


緊張してしまい、何も話せなくなってしまう人は、準備不足、または圧倒的経験不足が原因ですので、この質問がされた場合は、こう答えるというように、何度も繰り返し練習してみてください。


注意点としては、話す言葉を丸暗記するのではなく、言いたいことを記憶して、言い方などはその時その時で変えることが重要です。丸暗記してしまうと、もし少しでも分からなくなれば、話せなくなりますが、言いたいことさえ覚えていれば、全く話せなくなることはなくなります。


また企業が求めているような回答が上手くできなかった場合は、企業が自分に求めていることは何なのかを意識すると良いでしょう。


例えば、学生時代に情報システム系の学部で学んでいて、企業側もシステム部門として採用したいはずなのに、面接で「自分は営業に興味があります。」と言ってしまうと、企業とのギャップが生じて、落ちてしまいます。


これはエントリーする際に考えることですが、自分の強みと、企業が求めていることがマッチすることで、面接は上手くいきますので、企業の分析と、自己分析は欠かさず準備をしてみてくださいね。

エントリーシートを読み込むこと

次に、自分が提出したエントリーシートを読み込んでください。基本的に面接はエントリーシートに書いた内容から質問をされることが多いですので、前もって読みこむことはとても重要です。


エントリーシートの中から、ここ聞かれそうだなと思うことは、想定の質問を用意し、その質問に対する答えを準備することで、面接が上手くいく可能性が上がります。


もし、面接の練習をもっとやりたい、面接の対策を直接教えてほしいと思っている方は、就職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか?


就職エージェントは、就活対策を行ってくれたうえで、企業を紹介してもらえますので、面接の練習や、場数も踏めますので、就活に不安がある人にとってはおススメです。


以下の記事におススメの就職エージェントについて、記事を書いていますので、興味がある人は是非読んでみてくださいね。

就職留年のやり方について

次に、就職留年のやりかたについてお話していきます。就職留年をするためには、そのまま卒業するのではなく、もう1年大学に在籍する必要があります。


やり方としては、以下の3つの方法がありますので、お話していきます。上手くやることで、学費を抑えることもできますよ!

  1. 休学する
  2. 卒業延期制度を利用する
  3. 単位を調整する

就職留年のやり方①休学する

まず1つ目の就職留年のやり方は、休学することです。就職留年を決めたときに、休学手続きをすることで、卒業せずに大学に在籍することが出来ます。


ただし、休学の理由は、以下の3つに当てはまなければ手続きはできませんので、注意が必要です。

  • 海外留学
  • 経済的理由
  • 病気、怪我


就職留年をしたいからという理由では、休学が出来ない場合がありますので、何かしら別の理由を用意する方が良いでしょう。


休学をすることで、国公立だと学費は無料、私立大も5~10万円と、学費も大きくはかからないです。

就職留年のやり方②卒業延期制度を利用する

2つ目の就職留年のやり方は、卒業延期制度を利用することです。卒業延期制度とは卒業要件を満たしたうえで、在学期間を延ばす方法です。


本来は、内定が取り消された人向けの制度ですが、就職活動が上手くいかなかった人も利用されています。


ただし、この制度は、実施されていない大学もあるため、自分の大学にこの制度があるかどうか、条件は何かを確認してみてください。


またこの制度を使うことで、学費も普段より安く抑えることが出来ます。

就職留年のやり方③単位を調整する

最後3つ目の就職留年のやり方は、単位を調整することです。わざと単位を落とすことで、卒業要件を満たさず、留年をし、もう1年在籍することが出来ます。


もし、もう既に卒業要件を満たしているのであれば、このやり方はできませんので注意してくださいね。


また、単位数を調整する際も、必修科目のような絶対に落とせない単位で調整することは個人的にはおススメしません。


次の年に絶対取れるであろう一般教養などを2単位だけ足りないように調整し、次の年には絶対に取れる量の単位で調整してください。


このやり方を行うと、基本的に学費は普段通りかかってしまいますが、大学によれば、単位数に応じて学費が免除される制度もありますので、自分の大学で確認してみてください。

就活で就職留年の理由の答え方について

次に、就職留年の理由の答え方についてお話していきます。就職留年をしたことで、面接で聞かれた場合、どう答えた方が良いのか?不安になる方もいると思います。


重要なことは、正直に話し、熱意をアピールすること。また、留年時代の経験を話し、留年したことで成長したことを伝えることが大事です。


就活で失敗した場合は、「去年は就活で失敗したので、しっかりと準備と対策を行って、今年は臨んでいます」のように、あくまでも失敗はしたけど、もう今はこう変わった。こう成長したということが伝われば、問題はないです。


もし、留年の理由を答えるのに、悩んでいる方は以下の記事を読んでみてくださいね。面接での答え方、エントリーシートの書き方が分かりますよ。

就職留年中の過ごし方について

最後に、就職留年中の過ごし方についてお話していきます。就職留年をする人は、単位が既に取り終えている、もしくは数単位しか残っていないと思いますので、時間が多くありますよね。


そこで、全ての時間を就活に注ぐのはもったいないと思いますし、就活以外にも今後の人生において豊かになれることに時間を使っていただきたいと思います。


そこで、何をして過ごしたらいいのか迷うと思います。以下の記事におススメの留年中の過ごし方を書いていますので、是非読んでみてください。


留年したことで、より成長し、留年して良かったと思えるような時間の過ごし方をしてみてくださいね。

まとめ

以上でまとめとなります。本日は、就職留年を成功させるためのやり方について、お話してきましたがいかがだったでしょうか。本日お話してきたことをまとめますと以下の通りになります。

  • 就職留年を成功させるやり方は失敗をそのままにするのではなく、きちんと失敗した原因を分析し、対策を取ること

  • 就職留年のやり方は、休学する、卒業延期制度を利用する、単位を調整する方法がある

  • 就職留年の理由の答え方は、正直に話し、熱意をアピールすること。また、留年時代の経験を話し、留年したことで成長したことを伝えること

  • 就職留年中の過ごし方は、就活以外にも今後の人生において豊かになれることに時間を使うこと



就職留年をすることはとても勇気がいる判断だと思います、ですが過ごし方によれば、1年の遅れを取り戻し、留年したことで大きく成長することも出来ます。


皆さまの今後がよりよい人生になりますように、願っていますので、是非就職留年を成功させましょう。


それでは長い文章を最後まで読んでくださり本当にありがとうございました。